So-net無料ブログ作成
検索選択

セリカのバッテリーをPanasonicのcaosに交換してみた [自動車]

今日は愛車のバッテリー交換をしました。
IMG_1172.JPG

前回交換したのが2013年3月12日なので、ほぼ4年間使用したことになります。
これでも、まだ使えそうな気もするのですが、出先でバッテリーが上がりを起こすと面倒なので。

4年間使ってきたバッテリーは、BOSCHHightec Silver IIです。サイズは55B19Lです。
IMG_1170.JPG
短距離で使うことが多く、またライト点灯して走行する機会も多い中、4年間も使え、まだ使えそうな感じも残してるのは上出来ではないでしょうか。

今回交換したバッテリーは、PanasonicBlue Battery caosです。サイズは60B19Lです。
IMG_1173.JPG

バッテリー交換は簡単な作業なので、DIYしてみました。
ただ、日本列島に寒波がやってきていたので、外での作業は寒かったです。雪も降ってくるし。

スポンサードリンク





交換前にバッテリーから端子を外すと、電子機器の情報が消えたり、再設定が必要になることがあるので、交換前に必ず車両の取扱説明書を読んで下さいとのことです。 また、詳しい交換方法は、バッテリーに説明書が付属されているので、そちらで確認してみて下さい。

まずは、バッテリーを取り外していきます。
セリカの場合、10のスパナがあれば外すことが可能です。ラチェットがあれば効率が良いかも。
端子を外すときは、マイナス側から外していきます。次にプラス側を外します(赤いキャップがある方)。外した端子は、金属部分にあたってショートしないようにタオル等で保護しておくのが良いかと思います。
端子が外れたら、バッテリー取付金具を外します。この時に金具を落とさないように気をつけましょう。
金具が外れたら、バッテリーを取り外します。あとは周辺の掃除をしておきましょう。
IMG_1171.JPG

新しいバッテリーを取付けていきます。
バッテリーを取付台に置き、取付金具で固定します。この時、セリカの場合、前後に取付金具を引っ掛ける穴があるので、そこに確実に引っ掛けましょう。新しいバッテリーを置く前に穴の位置を確認しておくのが良いかと思います。
取付時はプラス側から端子を着けます。次にマイナス側を着けます。
IMG_1174.JPG

簡単な説明しか書いてませんが、これでバッテリー交換作業は完了です。

まだ、交換したばかりなので、性能や耐久性はわかりませんが、新しいバッテリーになったので、始動性は良くなったように思います。
初caosなので、良いことを期待したいです。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。